ニュース・コラム

アマチュア競技・イベント

ゴルフネットワーク選手権2019 地区大会 賀茂CC(広島県)レポート

2019年10月7日(月)午後6:00

「ゴルフネットワーク選手権 RomaRo CUP 2019」第11戦の舞台となった新規開催の賀茂カントリークラブ(広島県)には、地元・広島を中心に中国・四国地方の社会人アマチュアゴルファー総勢59チーム(118名)が集結。台風一過の秋晴れの空の下、決勝進出を目指しつつダブルス戦を楽しみました。

賀茂会場では、秋晴れに映えるペアルックチームを発見!そこで今回は、映える“キメウェア”に身を包んだペアルックチームを取材してみました。

まず、受付の運営スタッフを驚かせたのは、愛媛県から参加の古屋丈彦さん・昇周作さんチーム、平田貴也さん・白井正広さんチーム、岡崎一泰さん・荻田正仁さんチーム、伊藤大繕さん・三好俊二さんチーム。まさかの8人(4チーム)揃ってペアルックで登場!強い団結力の源をお聞きすると「昨夜は前泊して8人で楽しく飲みました(笑)。目指すは8人揃って“決勝の地”宮崎ですが、今夜もう一泊してみんなで飲むので、今日はゴルフを楽しみます!」と仲間8人ゴルフ旅を満喫している様子でした。


続いて、目に留まったのは島根県から参加の佐々木直幸さん・佐々木光浩さんチーム。苗字が一緒なので派手好きなご兄弟かと思いきや、実は高校の先輩後輩という間柄。後輩の直幸さんは「大会初出場です!この日のために1年間練習しました。こんなに練習したのは初めてです(笑)。もちろん目指すはフェニックス!」と意気込みを語ってくれました。


そして、これまたスタッフを驚かせてくれたのは、兵庫県から参加の後藤拓さん・田村主さんチームと久保岡京登志さん・坂田浩章さんチーム。
広島ならではのペアルックということで、なんと背中にオリジナルデザインの“カープ坊や”が入ったチームウェアで登場!バットをドライバーに持ち替え、手にはゴルフグローブ、頭にはサンバイザーというゴルフスタイルの“カープ坊や”の胸には「Carp」ならぬ「KTGS」の文字。「兵庫からですが、広島なのでオリジナルで作成してきました!なんでKTGS?K(久保岡)、T(田村)、G(後藤)、S(坂田)は4人の頭文字(笑)。今日一日楽しみます!」と笑顔で取材に応えてくれました。


決勝進出を本気で目指しながらも楽しむことを忘れない大人達が集った賀茂会場。上位6チームが予選通過となる中、「今日は噛み合いました!」という山口県から出場の大場誠司さん・中本尚俊さんチームが66(6アンダー)を叩き出し、見事トップ通過を果たしました。
 

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。