ニュース・コラム

PGAツアー

ケビン・ナ、地元ラスベガスで優勝 プレーオフ後は家族と抱き合い涙

2019年10月8日(火)午後1:00

 米男子ツアーのシュライナーズホスピタルズ フォー チルドレンオープン(米ネバダ州 TPCサマリン)はケビン・ナ(米)がプレーオフでパトリック・キャントレー(米)を下し、2011年以来大会2勝目、ツアー通算4勝目を挙げた。

 4日間を支えたのはパッティング。初日は3アンダー43位とまずまずのスタートだったが、2日目に「62」、3日目に「61」と驚異的なスコアをマーク。パット貢献度は合わせて「11」と群を抜けていた。

 ナは3日目を終えて通算22アンダー単独トップで後続とは2打差。このまま行くかと思われたが、最終日の後半10番パー4のティーショットを左に曲げるなどこのホールをトリプルボギーとする。そこから12番、13番、15番でバーディ、16番でボギーを叩き、通算23アンダーと、4アンダー67で回ったキャントレーに並ばれてしまう。

 18番で行われたプレーオフ2ホール目。ナは下りの長いバーディパットを打ちすぎてしまい、いやらしい距離が残った。決めれば勝ち。「今週はパットが良かった。グリーンに近づけば近づくほど長所が生かせた」というように自信を持って返しを入れパーセーブ。在住しているラスベガスで見事勝利を収めた。ホールアウト後は妻、娘と抱き合い、ナは涙した。



 タイトリストのプロV1xを使用するナ、タイトリストのブランドアンバサダーを務めるキャントレーが激闘を演じた。また、3位の選手を含め上位12人中10人がタイトリストゴルフボールを使用した。

 *ダレルサーベイ社調べ

 国内男子ツアーのトップ杯東海クラシックはプロV1xプレーヤーのショーン・ノリス(南ア)のツアー通算4勝目で幕を閉じた。この大会でタイトリストはゴルフボール(59%)、ユーティリティメタル(30%)、アイアン(20%)、ウェッジ(49%)カテゴリーで使用率No.1を獲得した。

 また、プロV1プレーヤーの新人シャイアン・ナイト(米)が米女子ツアーのボランティア・オフ・アメリカ クラシックでツアー初優勝。さらに上位11名のうち10名がタイトリストのボールを使用。全体では85%の選手が使用し、タイトリストは2位ブランドの20倍以上にあたる、圧倒的使用率No.1を獲得した。

(写真:Getty Images)

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。