ニュース・コラム

国内シニア

マークセンら5選手が首位発進! 連覇を狙う米山剛も1差につける

2019年10月10日(木)午後5:28

2019 日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ
 国内男子シニアツアーの「第58回日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ」は10日、茨城県のサミットゴルフクラブを舞台に第1ラウンドの競技を終了。プラヤド・マークセン(タイ)を含む5人が5アンダー67で並ぶ大混戦となっている。

 トップで並んだのはマークセン、山添昌良、グレゴリー・マイヤー(米)、白潟英純、柳沢伸祐の5選手。中でもマークセンは今季も2勝を挙げて賞金ランキング1位と強さを見せており、完全優勝を果たした2016年大会以来2度目のタイトル獲得を狙っている。

 1打差の6位タイに連覇を狙う米山剛、ツアールーキーの塚田好宣、2017年大会チャンピオンの盧建順(台)ら7選手。3アンダー13位タイに倉本昌弘、昨年大会2位の雪辱に燃える鈴木亨、賞金ランク2位のタワン・ウィラチャン(タイ)らが続く展開となっている。

(写真:Getty Images)

関連番組

2019 日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ
10月10日(木)~10月13日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。