ニュース・コラム

国内女子

黄アルムが27ホール短縮競技を制す 渋野日向子、イ・ボミは3打差6位

2019年10月13日(日)午後4:30

 台風19号の影響で27ホール短縮競技となった国内女子ツアーの「スタンレーレディスゴルフトーナメント」は13日、静岡県の東名カントリークラブで最終日(全組10番スタート)が行われた。

 初日を終え、7アンダー単独トップに立っていた黄アルム(韓)がスコアを1つ伸ばし、通算8アンダーで昨年11月の伊藤園レディスゴルフトーナメント以来となるツアー通算5勝目を挙げた。

 2打差2位タイに菊地絵理香、篠原まりあ、武尾咲希、アマチュアの星川ひなの(日大2年)が続いた。

 6打差25位タイから出た渋野日向子は、1番でチップインバーディを奪うなど、4バーディ、ノーボギーの「32」を記録し、イ・ボミ(韓)らと並ぶ通算5アンダー6位タイで大会を終えた。

 スタンレー電気契約の三浦桃香、比嘉真美子は通算3アンダー13位タイ、新垣比菜は通算2アンダー19位タイ、小祝さくら、大里桃子は通算1アンダー27位タイとなった。

関連番組

2019 スタンレーレディスゴルフトーナメント
10月11日(金)~10月13日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。