ニュース・コラム

国内女子

黄アルム「ギャラリーの反応、リーダーボードも無く大変な一日だった」27ホール短縮競技を制し1年ぶりのツアー優勝

2019年10月14日(月)午後4:00

2019 スタンレーレディスゴルフトーナメント
 台風19号の影響で27ホール短縮競技となった国内女子ツアーの「スタンレーレディスゴルフトーナメント」は黄アルム(韓)の優勝で幕を閉じた。ツアー史上初の無観客試合となった今大会。昨年11月の伊藤園レディスゴルフトーナメント以来となるツアー通算5勝目を挙げた黄が今大会を振り返った。

―今大会を振り返って

 緊張してて頭の中がグチャグチャですけど、最高です。

―1年ぶりのツアー優勝について

 それでも十分です。去年はたまたま流れが良く、複数優勝が出来ましたけど、今年は耐えて耐えての感じだったので、1勝が出来ただけでも満足しています。

―昨シーズンから何か変えたことはありましたか?

 特に変えたことは無いですけど、昨季良かった分「今年も頑張らなきゃ」とそれが変にプレッシャーになってしまったんだと思います。

―最終日プレッシャーはあった?

 凄くありましたよ。なので優勝のことはあまり考えず、毎ホール毎回ショットを打つごとにその一打に集中してプレーしました。

―無観客試合はどうでしたか?

 全然違う感じでした。ボランティアさんも居ない、ロープも無いので、もの凄く静かなプレーだったので、我慢強さが必要な一日でした。ボールも見つけずらかったですし、ギャラリーの反応も無ければ、リーダーボードも無かったので、違う意味で大変な一日でした。

―今回の台風について

 怖かったですよ。正直「試合やっても大丈夫なのかな?」って心配していましたけど、会場に来る途中とか思ったより大丈夫そうだったのでホッとしました。周辺山に囲まれているので土砂崩れとかが無くて良かったですよね。

―今後の目標は

 優勝した次の週があまり良くないので、耐えて耐えて頑張りたいと思います。
 

関連番組

2019 スタンレーレディスゴルフトーナメント
10月11日(金)~10月13日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。