ニュース・コラム

PGAツアー

松山英樹は31位、今平周吾は52位に浮上/男子世界ランク

2019年10月14日(月)午後6:45

みんなのPGAツアー
この記事のキーワード
 13日付の男子世界ランキングが発表され、国内男子ツアーのブリヂストンオープンゴルフトーナメントを制した今平周吾は65位から52位に浮上し、日本勢2番手を維持した。

 日本勢最上位の松山英樹は3つ下げ31位。3番手は星野陸也(105位)、4番手は石川遼(107位)となっている。

 米男子ツアーのヒューストンオープンでツアー初優勝を挙げたラント・グリフィン(米)は176位から108位にジャンプアップ。

 欧州男子ツアーのイタリアンオープンでツアー通算7勝目を手にしたバーント・ビースバーガー(オーストリア)は14人抜きの22位とした。

 上位陣はジャスティン・トーマス(米)とジャスティン・ローズ(英)が入れ替わりトーマスが5位、ローズが7位に。

 1位のブルックス・ケプカ(米)、2位のローリー・マキロイ(北アイルランド)、3位のダスティン・ジョンソン(米)、4位のジョン・ラーム(スペイン)に変動はなかった。

(写真:Getty Images)

関連番組

みんなのPGAツアー

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。