ニュース・コラム

ヨーロピアンツアー

ララサバルが単独首位浮上 大会4勝シュワーツェルは11位で決勝Rへ

2019年11月30日(土)午前10:49

 欧州男子ツアーの新シーズン開幕戦「アルフレッド・ダンヒル チャンピオンシップ」は29日、南アフリカのレオパード・クリークCC(7,249ヤード・パー72)で第2ラウンドが行われ、パブロ・ララサバル(スペイン)が3アンダー69をマーク。通算9アンダーにスコアを伸ばして単独首位に浮上した。

 初日単独トップのウィル・ベセリン(オランダ)は1オーバー73を叩き、大会1勝のブランデン・グレイス(南ア)と並ぶ通算6アンダー2位タイに後退。大会4勝のチャール・シュワーツェル(南ア)はイーブンパー72で回り、通算2アンダー11位タイで2日目を終えた。

 また元世界ランキングNo.1のアーニー・エルス(南ア)は1オーバー73でプレーして通算3オーバー61位タイ。カットラインギリギリで予選突破を果たしている。

関連番組

2020 アルフレッド・ダンヒル チャンピオンシップ
11月28日(木)~12月1日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。