ニュース・コラム

国内女子

鈴木愛が2年ぶり2度目の賞金女王 渋野日向子は757万差で2位

2019年12月1日(日)午後6:03

 国内女子ツアーの最終戦「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」は1日、宮崎県の宮崎カントリークラブ(6,535ヤード・パー72)で最終ラウンドが行われ、鈴木愛が2年ぶり2度目の賞金女王に輝いた。

 鈴木は通算5アンダー5位タイ。716万4,000円を加算し、今季獲得賞金は1億6,018万9,665円となった。

 逆転での賞金女王を狙った渋野日向子は通算7アンダー2位タイ。1,470万円を獲得し、賞金ランク2位(1億5,261万4,314円)でシーズンを終えた。申ジエ(韓)は同3位(1億4,227万7,195円)だったが、ツアー史上初となる平均ストローク60台(69.9399)を達成した。

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。