ニュース・コラム

国内男子

今平周吾、史上最年少で2年連続の賞金王! 最終戦Vの石川遼は賞金3位

2019年12月8日(日)午後6:00

 国内男子ツアーの最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」は8日、東京都の東京よみうりカントリークラブ(7,023ヤード・パー70)で最終ラウンドが行われ、今平周吾が2年連続となる賞金王に輝いた。

 2打差5位タイから出た今平はこの日「67」をマークし、通算7アンダー単独3位でフィニッシュ。1,000万円を加算し、ライバルのショーン・ノリス(南ア)が優勝を逃したため2年連続の戴冠が決まった。今季獲得賞金1億6,804万9,312円。

 なお、複数年連続での賞金王は青木功、尾崎将司、中嶋常幸、片山晋呉に次ぐ史上5人目で、27歳67日での達成は尾崎を抜いて史上最年少の記録となった。

 逆転での賞金王を狙ったノリスは通算5アンダー4位タイ。507万4,093円を獲得し、賞金ランク2位(1億4,504万4,149円)で終えた。今大会の優勝で4,000万円を加算した石川遼が賞金ランク3位(1億3,281万2,990円)でシーズンを終えている。

関連番組

2019 ゴルフ日本シリーズJTカップ
12月5日(木)~12月8日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。