ニュース・コラム

国内男子

クーチャーが「62」で単独首位浮上 日本勢トップは木下稜介の8位

2020年1月18日(土)午後5:41

2020 SMBCシンガポールオープン
 アジアンツアーとの共同主管大会で国内男子ツアーの開幕戦「SMBCシンガポールオープン」は18日、シンガポールのセントーサゴルフクラブ セラポンコース(パー71)で第3ラウンドが行われた。

 2打差4位タイから出たリオ五輪銅メダルのマット・クーチャー(米)が9バーディ、ノーボギーの「62」を叩き出し、通算17アンダー単独首位に浮上した。

 通算14アンダー2位タイに昨季覇者のジャズ・ジェーンワタナノンド(タイ)、ミゲル・タブエナ(フィリピン)。通算13アンダー4位タイにR・T・リー(カナダ)、キム・ジュヒョン(韓)がつけ、通算11アンダー単独6位にリオ五輪金メダルのジャスティン・ローズ(英)が続く。

 木下稜介が日本勢トップの通算7アンダー8位タイ。星野陸也、大槻智春、堀川未来夢は通算6アンダー10位タイ、池田勇太、稲森佑貴、出水田大二郎は通算4アンダー19位タイ、藤田寛之、比嘉一貴は通算3アンダー27位タイとなっている。

 石川遼は3バーディ、4ボギーの「72」とスコアを落とし、通算1オーバー46位タイで3日目を終えた。

(写真提供:JGTO)

関連番組

2020 SMBCシンガポールオープン
1月16日(木)~1月19日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。