ニュース・コラム

国内男子

クーチャーが優勝 ローズ2位、木下稜介が日本勢トップの6位

2020年1月19日(日)午後5:45

2020 SMBCシンガポールオープン
 アジアンツアーとの共同主管大会で国内男子ツアーの開幕戦「SMBCシンガポールオープン」は19日、シンガポールのセントーサゴルフクラブ セラポンコース(7,397ヤード・パー71)で最終ラウンドが行われ、マット・クーチャー(米)が大会を制した。

 単独首位から出たクーチャーは7番パー5でトリプルボギーを叩いたが、最終18番をバーディで締めるなどスコアを1つ伸ばし、通算18アンダーで優勝を果たした。

 通算15アンダー単独2位にジャスティン・ローズ(英)、通算14アンダー単独3位に昨季覇者のジャズ・ジェーンワタナノンド(タイ)、通算13アンダー単独4位にキム・ジュヒョン(韓)が続いた。

 木下稜介が日本勢トップの通算11アンダー6位タイ。星野陸也、大槻智春は通算8アンダー11位タイ、池田勇太は通算6アンダー16位タイ、堀川未来夢、稲森佑貴、出水田大二郎は通算5アンダー18位タイ、石川遼は通算3アンダー24位タイで終えた。

 なお、今大会は全英オープン(7月16~19日/英国/ロイヤル・セントジョージズGC)の予選会も兼ねており、有資格者を除いた、ジュヒョン、リチャード・リー(カナダ)、プーム・サクサンシン(タイ)、木下が出場権を獲得している。

(写真提供:JGTO)

関連番組

2020 SMBCシンガポールオープン
1月16日(木)~1月19日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。