ニュース・コラム

PGAツアー

松山英樹、16位タイに順位を上げて終戦「安定してきた」

2020年2月3日(月)午前10:45

2019-20 ウェイストマネジメント フェニックスオープン
 米男子ツアーのウェイストマネジメント フェニックスオープンは2日、アリゾナ州のTPCスコッツデール(7,261ヤード・パー71)で最終ラウンドが行われ、松山英樹は5バーディ、2ボギーの「68」で回り、通算10アンダー16位タイで大会を終えた。

―今日のラウンドを振り返って

 安定してきたかなって感じのゴルフでした。

―ショットの感触は良くなっている?

(良い感じに)続けられたかなとは思います。少しズレていたものが戻ってきた感じはあるので、一週間かけて上位で戦えて、優勝争いができるところまで持っていきたいです。

―パッティングについて

 ミスパットは2番ぐらいで、それ以外は良いパットができていたので、少しだけ良かったです。

―4日間を振り返って

 結果的に通算10アンダーまで来れましたけど、2日目の3オーバーだったりと、昨年あたりから一日だけ崩してしまう傾向が強いので、ここが直らないと優勝争いもできないと思うので、そこに向けて練習したいです。

―次戦の「ザ・ジェネシスインビテーショナル」に向けては

 しっかりと練習して、良い戦いができるように頑張りたいと思います。
 
最終ラウンド ホールバイホール

関連番組

2019-20 ウェイストマネジメント フェニックスオープン
1月30日(木)~2月2日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。