ニュース・コラム

PGAツアー

松山英樹、今平周吾、石川遼がメキシコ大会出場 ウッズ、ケプカは欠場

2020年2月18日(火)午後0:15

2019-20 WGC-メキシコチャンピオンシップ
 世界選手権シリーズのWGC-メキシコチャンピオンシップは20日、メキシコのクラブ・デ・ゴルフチャプルテペック(7,345ヤード・パー71)を舞台に開幕。日本からは松山英樹、今平周吾、石川遼が出場する。

 松山は2年連続6回目の出場。前週のザ・ジェネシスインビテーショナルではカットライン上の予選通過から、週末に猛チャージし5位タイに入った。

 国内男子ツアーから出場権を得たのは10日付の世界ランクで50位以内に入った今平(36位)、2019年シーズン賞金ランクの2位ショーン・ノリス(南ア)、同3位の石川(繰り上がり)の3人である。

 昨季大会はダスティン・ジョンソン(米)が後続に5打差をつける通算21アンダーで節目のツアー通算20勝目を挙げた。あと2年間プレーすれば永久シードを獲得する。

 前週大会で4年ぶりの優勝を飾ったアダム・スコット(豪)をはじめ、世界ランク1位のローリー・マキロイ(北アイルランド)、ジャスティン・トーマス(米)、ジョーダン・スピース(米)、ジョン・ラーム(スペイン)らが出場。なお、同2位のブルックス・ケプカ(米)、タイガー・ウッズ(米)は出場を見送った。

 なお、今大会は予選落ちなしで行われる。

(写真:Getty Images)

関連番組

2019-20 WGC-メキシコチャンピオンシップ
2月20日(木)~2月23日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。