ニュース・コラム

PGAツアー

今平周吾、世界選手権に向け復調をアピール「アンダーパーで終わりたい」

2020年2月19日(水)午後1:01

2019-20 WGC-メキシコチャンピオンシップ
 今平周吾が20日開幕の世界選手権シリーズ、WGC-メキシコチャンピオンシップ(メキシコ/クラブ・デ・ゴルフチャプルテペック)を前にインタビューに答えた。

―ハワイ、ドバイと転戦してきましたが、ゴルフの調子は

 ここ最近までは調子を崩していましたが、先週ぐらいから戻ってきました。

―練習ラウンドの感触について

 飛距離が(通常より)だいたい20ヤードぐらい飛ぶので、自分の距離を測りながらラウンドしていました。

―コース攻略のポイント

 そんなに距離がないので、フェアウェイに置いて、グリーンに乗せて、パターをしっかり入れるという感じです。

―飛んでしまう、という飛距離の計算は

 『トラックマン(弾道計測器)』で自分の平均飛距離を一番手ずつ書いて、そのメモを見ながらやっています。

―今年は五輪もありますが、世界ランクの争いは意識している?

 少しはしていますけど、6月まであるので、今はそこまでは意識していないです。

―今週の目標は

 去年はイーブンだったので、アンダーパーで終わりたいです。

関連番組

2019-20 WGC-メキシコチャンピオンシップ
2月20日(木)~2月23日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。