ニュース・コラム

PGAツアー

首位と4打差の松山英樹「微妙なパットが入ってくれて凄く助かった」

2020年2月21日(金)午後0:25

2019-20 WGC-メキシコチャンピオンシップ
 世界選手権シリーズのWGC-メキシコチャンピオンシップは20日、メキシコのクラブ・デ・ゴルフチャプルテペックで第1ラウンドが行われ、松山英樹は3バーディ、1ボギーの2アンダー「69」で回り、首位と4打差の8位タイと好スタートを切った。

―今日のラウンドを振り返って

 微妙でした。

―ショットの手応えについて

 先週良かったことが良い感じで出来てはいるんですが、ちょっとズレていることで曲がってしまっているホールがありました。ただ、後半はアイアンも上手く直せたので良かったです。

―構えずらいホールがある?

 それはありますけど、そこに惑わされないスイングが出来そうなところまで来ているので、もうちょっとかなって感じです。

―パッティングの感触について

 あまり入っている感覚は無いですけど、13番のパーパットだったり、微妙なパットが入ってくれたので凄く助かりました。

―明日に向けて意気込みを

 (2アンダーは)悪くは無いと思いますが、これをもうちょっとスコアに繋げて上位で戦えるように頑張ります。
 

第1ラウンド ホールバイホール

関連番組

2019-20 WGC-メキシコチャンピオンシップ
2月20日(木)~2月23日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。