ニュース・コラム

PGAツアー

リードが逆転でWGC2勝目 松山英樹は6位、今平周吾は61位、石川遼は68位

2020年2月24日(月)午前10:30

2019-20 WGC-メキシコチャンピオンシップ
 世界選手権シリーズのWGC-メキシコチャンピオンシップは22日、メキシコのクラブ・デ・ゴルフチャプルテペック(7,345ヤード・パー71)で最終ラウンドが行われ、パトリック・リード(米)が逆転で制した。

 1打差2位タイから出たリードは後半15番から3連続バーディを奪うなど5バーディ、1ボギーの「67」を記録。通算18アンダーで2014年のWGC-キャデラックチャンピオンシップ以来のWGC2勝目、ツアー通算8勝目を手にした。

 通算17アンダー単独2位にブライソン・デシャンボー(米)、通算15アンダー3位タイにジョン・ラーム(スペイン)、エリク・バン・ルーエン(南ア)、通算14アンダー単独5位にローリー・マキロイ(北アイルランド)が続いた。

 日本勢は、松山英樹が6バーディ、2ボギーの「67」で回り、通算13アンダー6位タイ。今平周吾は通算5オーバー61位タイ、石川遼は通算12オーバー単独68位で4日間を終えている。

 前週Vのアダム・スコット(豪)は通算4アンダー26位タイ、昨季覇者のダスティン・ジョンソン(米)は通算イーブンパー48位タイとなった。

(写真:Getty Images)

関連番組

2019-20 WGC-メキシコチャンピオンシップ
2月20日(木)~2月23日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。