ニュース・コラム

PGAツアー

ブルックス・ケプカ「膝の状態はいい」 プレーヤーズから3連戦へ

2020年2月27日(木)午後3:15

 ブルックス・ケプカ(米)の左膝の状態は万全なようだ。米男子ツアー公式ページが報じた。

 同ツアーでは今週からザ・ホンダ・クラシック(27日~3月1日/PGAナショナル)、アーノルド・パーマー招待(3月5~8日/ベイヒルC&ロッジ)、ザ・プレーヤーズ選手権(3月12~15日/TPCソーグラス)、バルスパー選手権(3月19~22日/インニスブルック・リゾート)とフロリダ州で4試合が行われる。

 ケプカは昨シーズン終了後に左膝の手術を受けたものの、10月のザ・CJカップでは雨に濡れたコンクリートに足を滑らせ再び負傷。12月のザ・プレジデンツカップも欠場を余儀なくされた。その後、リハビリを続けながら欧・米ツアーの試合に出ているが結果は残せていない。

 それでもケプカは「膝の状態はいいよ。そもそも痛みがあったらプレーはしない。2か月前はクォータースクワットさえもできなかったが、今は片足スクワットができるようになった」とPGAナショナルの会場で話した。

 ケプカはホンダ・クラシック、1週間のオフを挟んでザ・プレーヤーズ選手権、バルスパー選手権、そしてテキサス州のオースティンCCで行われるWGC-デル・マッチプレーに出場する予定。「今までは一週間プレーしたら一週間オフだったが、何かを掴む上では3試合連続でプレーするのが良いと思う」と、ケプカはいつもとはリズムを変えて、完全復帰を目指す。

関連番組

2019-20 ザ・ホンダクラシック
2月27日(木)~3月1日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。