ニュース・コラム

メジャー・対抗戦

メジャー2勝の英名手もライダーカップ無観客開催に反対

2020年5月28日(木)午後3:21

2020 ライダーカップ ※開催延期
この記事のキーワード
 1969年の全英オープンと1970年の全米オープンを制したトニー・ジャクリン(英)が、現段階で無観客開催の噂もある今年のライダーカップ(9月25日~/米ウィスコンシン州/ウィスリング・ストレイツGC)について見解を明かした。

 米ゴルフウィーク(電子版)が27日に公開したインタビューの中でジャクリンは「どのイベントよりもライダーカップにはギャラリーが必要」とコメント。「プレッシャーがかかる中で選手とギャラリーの間には精神的な繋がりがある」とファンの重要性を主張した。

 また、1983年から1989年にかけて4度欧州チームのキャプテンを務めた名手は「(2021年に)延期して、通常の状態に戻るまでの間は奇数年に戻すべき」と1999年大会以来の奇数年開催を提案している。

「これ(ライダーカップ)は戦争ではないが、毎回鎧を着て戦いに出て、全てのチームメイトと多くの感情を共有する。出場する前のローリー(・マキロイ)がただのエキシビションだと言っていたのを覚えているが、彼は今、それに情熱を注いでいる。作り出される雰囲気は異様なもので、それは完全に別の何かだ」

 ライダーカップの無観客開催には、ローリー・マキロイ(北アイルランド)、ブルックス・ケプカ(米)、ジョン・ラーム(スペイン)のほか、過去同大会に10回出場しているリー・ウェストウッド(英)も異議を唱えている。

(写真:Getty Images)

関連番組

2020 ライダーカップ ※開催延期
9月25日(金)~9月27日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。