ニュース・コラム

PGAツアー

「5歳の時から夢見てきた」 昨年の全米アマ王者がツアー再開初戦でデビューへ

2020年6月1日(月)午後1:30

 昨年の全米アマチュアゴルフ選手権を制したジョージア工科大学のアンディ・オグルトゥリー(米)が、11日開幕のチャールズ・シュワブ・チャレンジ(テキサス州/コロニアルCC)でPGAツアーデビューを飾る。

 現在22歳のオグルトゥリーは、出身地であるミシシッピ州のテレビ局のインタビューで「5歳の時からPGAツアーでプレーすることを夢見てきたんだ」とコメント。「その目標を達成し、いくつかの新しい目標を設定することは本当に最高だ」と喜びを語った。

 大会には、世界ランク1位のローリー・マキロイ(北アイルランド)などビッグネームが集結するが、「このためにこれまでずっと準備してきたと感じている。他のトーナメントと何の違いもない」と自信をのぞかせる。

 世界中のゴルフファンが注目するツアー再開初戦。オグルトゥリーがどんなプレーを見せてくれるか楽しみだ。

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。