ニュース・コラム

メジャー・対抗戦

米国選抜副主将、無観客のライダーカップは「想像できない」

2020年6月7日(日)午後1:30

 デービス・ラブ(米)とジム・フューリック(米)が、現段階で無観客開催の噂もある今年のライダーカップ(9月25日~/米ウィスコンシン州/ウィスリング・ストレイツゴルフクラブ)について自身の見解を明かしている。

 同大会で米国選抜の副キャプテンを務めるラブは「まず第一にファンがいないトーナメントは想像できない」とコメント。通常のトーナメントについては「中止にするよりは無観客で開催する意見に賛成する」と語るも、「ライダーカップでそれができるかどうかは分からない」と語った。

 同じく副キャプテンを務めるフューリックも「(無観客開催を)想像するのは難しい。ライダーカップに出場した人にとって、チームのためにプレーするプレッシャーや、大会の雰囲気から感じるプレッシャーはどちらも驚異的なもの」とライダーカップならでは雰囲気にはファンの存在が重要だと主張している。

 米男子ツアーはいよいよ6月11日開幕のチャールズ・シュワブ・チャレンジ(米テキサス州/コロニアルCC)で再開する。そして、7月16日からのザ・メモリアル・トーナメント(米オハイオ州/ミュアフィールド・ビレッジGC)では観客を入れての実施が決定した。

 ライダーカップの開催可否については、先日に米国選抜のキャプテンであるスティーブ・ストリッカー(米)が「たぶん2~3週間のうちに決まるだろう」と発言しており、今月中に詳細が決まると見られている。

(写真:Getty Images)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。