ニュース・コラム

PGAツアー

「アドレナリンが刺激される」昨季の全米OP覇者が1打差2位タイに浮上

2020年6月14日(日)午後1:30

 13日、米男子ツアーのチャールズ・シュワブチャレンジ(米テキサス州/コロニアルカントリークラブ/7,000ヤード・パー70)は第3ラウンドを行い、ゲーリー・ウッドランド(米)が「66」を記録。首位ザンダー・シャウフェレ(米)に1打差の通算12アンダー2位タイに浮上した。

 今大会は無観客開催ということで「(雰囲気が)少し違った。最初の2日間はアドレナリンがあまり出なかった」と語ったウッドランド。しかしこの日は「トーナメントに勝つチャンスが出てくると、アドレナリンが刺激されるね」と前日の7位タイから順位を上げた。

 そして、昨年の全米オープン以来、およそ1年ぶりの勝利を目指す最終ラウンドは「楽しくなるはずだ」とコメント。「ファンの有無に関係なく、アドレナリンが流れる」とツアー5勝目に向けて気合を入れた。

(写真:Getty Images)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。