ニュース・コラム

PGAツアー

松山英樹「良いプレーができるように頑張りたい」 55位から上位進出狙う

2020年7月4日(土)午前10:15

 米男子ツアーのロケットモーゲージクラシックは3日、米ミシガン州のデトロイトゴルフクラブ(7,334ヤード・パー72)で第2ラウンドが行われ、松山英樹は6バーディ、2ボギーの「68」で回り、通算5アンダー55位タイで決勝ラウンド進出を決めた。

―今日のラウンドを振り返って

 良かったり、悪かったりです。ショットは昨日より良かったですが、まだ納得できるようなレベルではないです。

 パッティングは、今日は何か所か入ってくれましたが、狙って打って入った感じではなく、打ったら入った感じでした。それでもアンダーパーで回れて、予選もギリギリで行けそうな位置で終われているので良かったです(インタビュー後に予選通過が決定)。

―後半の2番、3番の連続ボギーについて

 落ちるんだろうなと思いました。その後、4番のティーショット、セカンドで(良いショットが)打てましたし、パットも長かったですが入ってくれたので、その後は良いプレーができたと思います。

―ショットの感触は

 良くなりつつありますが、それを信頼していいものなのか、まだ疑問があります。ただ、そこが良くなれば自ずと結果は付いてくると思います。

―明日に向けての意気込みを

 残り2日間で15~17アンダーくらいいかないと勝てないと思うので、まず明日、良いプレーができるように頑張りたいと思います。
 

第2ラウンド ホールバイホール

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。