ニュース・コラム

国内男子

関藤直熙が「61」で逆転V 今平周吾10位、石川遼35位

2020年7月10日(金)午後4:35

2020 ゴルフパートナー PRO-AM トーナメント ※開催中止・エキシビジョン開催
 JGTO共催ゴルフパートナーエキシビショントーナメント(6,766ヤード・パー70)は10日、茨城県の取手国際ゴルフ倶楽部で最終ラウンドが行われ、22歳の関藤直熙(せきとう・なおき)が制した。

 3打差10位タイから出た関藤はコースレコードとなる9バーディ、ノーボギーの「61」を叩き出し、通算14アンダーで優勝。関藤は昨年のアジアンツアー下部で日本人初となる賞金王に輝いたプロ3年目の選手である。

 通算13アンダー単独2位に和田章太郎、通算11アンダー3位タイに堀川未来夢、植竹勇太が入った。

 今平周吾は通算9アンダー10位タイ、星野陸也は通算8アンダー14位タイ、選手会長の時松隆光は通算6アンダー27位タイ、石川遼は通算5アンダー35位タイだった。

(写真:JGTO Images)

関連番組

2020 ゴルフパートナー PRO-AM トーナメント ※開催中止・エキシビジョン開催
7月8日(水)~7月12日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。