ニュース・コラム

PGAツアー

ウッズ「昔のような体力はない」 終盤の2バーディでギリギリ予選通過

2020年7月18日(土)午後3:00

2019-20 ザ・メモリアルトーナメント presented by ネーションワイド ※日程変更
 17日、タイガー・ウッズ(米)は苦しみながらもジャック・ニクラウス氏が主催する米男子ツアーのザ・メモリアルトーナメント presented by ネーションワイド(米オハイオ州/ミュアフィールドビレッジゴルフコース)の予選を通過した。

  ウッズは今大会に過去17回出場し予選落ちはゼロ。この日は「76」とスコアを落としたが、後半7番、8番をバーディとしたことで何とかカットライン上の通算3オーバー64位タイに滑り込んだ。

「早い段階で3パットを2回してしまうなど、巻き返そうとしてもなかなか上手くいかなかった。それでも最後バーディ、バーディ、パーで上がれたことは良かった」

 約5か月ぶりのツアー出場ということもあるが、スタート前のウォーミングアップ時に「腰に違和感があった」という。また、「昔のような体力はない。走ったりトレーニングをしていると分かるよ。年齢を重ねるごとに様々なことが変わっている。今はその中で出来ることをするしかない」と44歳は明かした。

 ただ、ウッズは何度も何度も立ち上がってきた男。残り2日間で腰の状態が完治するわけではないが、今大会以降のビッグトーナメントに向けて必ず調整してくることだろう。

  なお、ウッズより年上の57歳ビージェイ・シン(フィジー)は通算1オーバー33位タイ、50歳フィル・ミケルソン(米)は通算2オーバー47位タイで決勝ラウンドを迎える。

(写真:Getty Images)

関連番組

2019-20 ザ・メモリアルトーナメント presented by ネーションワイド ※日程変更
7月16日(木)~7月19日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。