ニュース・コラム

PGAツアー

デシャンボーのDRシャフトが折れる 同組のファウラーも驚き

2020年8月7日(金)午後6:43

 6日、全米プロゴルフ選手権(米カリフォルニア州/TPCハーディングパーク)初日を終え、ブライソン・デシャンボー(米)は2アンダー20位タイと好発進を決めたが、途中でドライバーのシャフトが折れるというハプニングがあった。

 肉体改造をしたデシャンボーのスイングは、ドラコンプロのように激しく、ヘッドスピードは60m/sを超える。そのせいなのか、7番パー4で300ヤード近くかっ飛ばしたあと、ドライバーを杖のようにしながらティを拾い上げるときに、シャフトのスリーブあたりから折れてしまったのだ。

 同組で一部始終を見ていたリッキー・ファウラー(米)は非常に驚いた表情をしていた。故意に壊したわけではないので交換可能。8番は幸運にもパー3だったので、9番から新しいドライバーでまたかっ飛ばすことができた。

「この素材(マテリアル)はどれだけ頑丈に作っても永遠じゃない。でも初速200マイル(約90m/s)のボールスピードに1年以上も耐えてくれた」とデシャンボーはコメント。何かと話題のデシャンボーだが、全米プロ初日から大きな話題を提供してくれた。

(写真:Getty Images)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。