ニュース・コラム

国内女子

笹生優花は緊張しながらも「自分のプレーに集中していた」 プロ2戦目にしてツアー初V

2020年8月17日(月)午後2:15

2020 NEC軽井沢72ゴルフトーナメント
 国内女子ツアーのNEC軽井沢72ゴルフトーナメント(長野県/軽井沢72ゴルフ北コース)は19歳のルーキー、笹生優花の優勝で幕を閉じた。

 1打差3位タイから出た笹生は勝負どころの後半16番パー5でイーグルを奪取するなど「63」を記録し、後続に4打差をつける通算16アンダーで、プロデビュー2戦目にして嬉しいツアー初優勝を手にした。

ー優勝した今の率直な心境は

 すごくうれしいです。

ー来場していた家族とは何か話したか

 忙しかったので、まだちゃんとした話はしていないです。

ー最終ラウンドを振り返って

 前日はティーショットがあまり良くなかったので、練習場に行って自信を取り戻して、良くなかったところを修正できたことが良かったです。

ー優勝を意識したタイミングは

 18番ホールです。

ー16番のイーグルについて

 ティーショットを打って残り195ヤードのセカンドショットもフォロー気味だったので、6番アイアンで打ち、ピン手前2、3歩のところにつけることができました。若干スライス気味のイーグルパットでした。

 17番パー3が難しかったので、16番でイーグルが欲しかったです。「次のホールはボギーでも18番は大丈夫かな」という気持ちになりました。

ープロ2戦目という緊張感はあったか

 けっこう緊張する方なので、ずっと緊張していましたが、キャディさんと色々話しながら自分のプレーに集中していました。

ー師匠の尾崎将司に報告や事前にアドバイスをもらっていたか

 自分もどのように報告するかまだ決めていないですし、何を言われるかも分からないですが、褒めて頂けるのかなって感じです。

 アース(開幕戦)が終わってから、コロナの影響で全然(ジャンボ邸に)行けず、近くの練習場を使わせて頂いていたので、お話もできなかったです。

-今後の目標について

 日本人の心を持って頑張りたいと思います。

(写真:Getty Images)

関連番組

2020 NEC軽井沢72ゴルフトーナメント
8月14日(金)~8月16日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。