ニュース・コラム

PGAツアー

S.シンクが11年ぶりのツアー7勝目 P.ミケルソンは44位タイ

2020年9月14日(月)午前10:22

2020-21 セーフウェイオープン
 米男子ツアーのセーフウェイオープンは13日、米カリフォルニア州のシルバラードリゾート&スパ(7,166ヤード・パー72)で最終ラウンドが行われ、47歳のスチュワート・シンク(米)が逆転優勝した。

 2打差7位タイから出たシンクは8バーディ、1ボギーの「65」でプレー。通算21アンダーまでスコアを伸ばし、2009年の全英オープンゴルフ選手権以来となるツアー通算7勝目を挙げた。

 通算19アンダー単独2位にハリー・ヒグス(米)、通算18アンダー3位タイに「62」を記録したドク・レッドマン(米)、チェズ・リアビ(米)、ケビン・ストリールマン(米)、ブライアン・スチュアード(米)が入った。

 フィル・ミケルソン(米)は6バーディ、2ボギー、1ダブルボギーの「70」で回り、通算10アンダー44位タイで2020-21シーズンの開幕戦を終えた。

(写真:Getty Images)

関連番組

2020-21 セーフウェイオープン
9月10日(木)~9月13日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。