ニュース・コラム

PGAツアー

今平周吾が全米オープン参戦「予選通過を目標に、上位で戦えるように」

2020年9月17日(木)午後0:17

2020 全米オープンゴルフ選手権
この記事のキーワード
 海外男子メジャーの全米オープンゴルフ選手権(17~20日/米ニューヨーク州/ウィングドフットゴルフコース)に出場する今平周吾がインタビューに答えた。

―ウィングドフットゴルフコースを回った印象は?

 フェアウェイが狭くて距離もあるので、なかなか難しい印象です。ティーショットもしっかりフェアウェイキープができるようなクラブで打ちたいなと思います。

 ラフはフェアウェイから近いところは短くて、ちょっと外れると深くなります。深いところに入ると出すだけになってしまうので、なるべく入れたくないです。

 グリーンも速くて、手前だと(ボールが)戻って来てしまうグリーンが多いので、注意して回りたいなと思います。

―バンカーの状態は?

 ピン位置によって、入れてしまったら絶対に寄らないところもあるので、状況によって絶対に入れないようにしようと感じました。(砂は)意外と打ちやすくて、目玉になってしまうとかは無かったです。

―コースマネジメントのイメージは?

 距離が出てもラフに入れると難しくなるので、飛ばなくてもフェアウェイに置いてそこからグリーンに運んで、アプローチやパターで凌いでいければ良いかなと思ってます。

―コースの仕上がりは?

 前回はオーバーパーで優勝と聞きましたが、回ってみてそれぐらい難しいなと思いました。

―意気込みを

 まずは予選通過を目標にして、通ったら上位で戦えるようにしていきたいです。

関連番組

2020 全米オープンゴルフ選手権
9月17日(木)~9月20日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。