ニュース・コラム

PGAツアー

タイガー・ウッズ、全米OPの超難関コースは「何があっても難しくなりそう」

2020年9月17日(木)午後4:27

2020 全米オープンゴルフ選手権
 今年の優勝スコアは果たしてどのくらいになるのだろうか。

 毎回ハードなセッティングになることで知られるウィングドフットゴルフコース(米ニューヨーク州)での全米オープンゴルフ選手権。1974年大会を制したヘイル・アーウィン(米)は7オーバー、2006年大会で勝ったジェフ・オギルビー(豪)は5オーバーだった。

 そういった中、タイガー・ウッズ(米)はジャスティン・トーマス(米)と練習ラウンドをプレーし、「彼ら(大会関係者)がピン位置をどのくらい難しく設定するか次第だが、予想では何があっても難しくなりそうだ」とコメント。「優勝スコアは伝統的に低くない。今週もそれは変わらないだろう」としている。

 コースディレクターのスティーブ・ラビドー氏は「優勝スコアは8オーバー」とも話しており、今年の全米オープンは我慢比べの大会となりそうだ。

(写真:Getty Images)

関連番組

2020 全米オープンゴルフ選手権
9月17日(木)~9月20日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。