ニュース・コラム

PGAツアー

石川遼「楽しくできました」 5年ぶりの全米オープンは暫定57位タイ発進

2020年9月18日(金)午前11:40

2020 全米オープンゴルフ選手権
この記事のキーワード
 海外男子メジャーの全米オープンゴルフ選手権(米ニューヨーク州/ウィングドフットゴルフコース)は17日、第1ラウンドが行われたが日没サスペンデッドが決定。石川遼は、1バーディ、1ボギー、1ダブルボギーの「72」で回り、2オーバー暫定57位タイ発進となった。

―初日を振り返って

 楽しくできました。上がりも我慢の中でしたが、練習ラウンドやフジサンケイクラシックから今週にかけて練習してきたことができたので、楽しかったです。

―ショットも上向きに見えた

 まだまだですが、前の試合に比べると良くなってきています。前の試合も日を追うにつれ、少しずつ悪いところが顔を出してきたりしたので、気を引き締めて明日また頑張りたいです。

―練習ラウンドと本ラウンドの違いは

 正直、練習ラウンドに近いと思っていて逆にビックリしています。グリーンを乾かすのかなと思いましたが、グリーンが乾くことはありませんでした。

 強いて言うならばフェアウェイが練習ラウンドよりも少し硬くなって速くなっていました。グリーンなみに速いんじゃないかと思いました。

―グリーンの印象は

 ロングパットを上手く合わせられればいいと思っており、実際に(ロングパットを)打つ機会が多かったですが、自分として内容は良かったです。

―予想よりスコアが上がっていることに関して

 これはピンポジションとグリーンの乾き具合だと思います。今日は18ホール中16ホールは一番易しいピンポジションに切っていると思いました。

 一番易しいところに切って、パー5の2ホールだけは難しいところに切って様子を見ようという感じだと思います。

―この後の練習の内容は

 練習場はラフからも練習できるので、ラフから練習をしたいです。あとは変わらず、スイングで自分が取り組んでいることを行い、今日できなかったこともあるので、そこを明日に向けて頑張りたいです。

関連番組

2020 全米オープンゴルフ選手権
9月17日(木)~9月20日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。