ニュース・コラム

国内シニア

中山正芳がPO制しメジャー制覇 藤田寛之は14位タイ、谷口徹は26位タイ

2020年10月11日(日)午後4:52

2020 日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ
 国内男子シニアツアーの第59回日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップは11日、茨城県のサミットゴルフクラブ(7,023ヤード・パー72)で最終ラウンドが終了。大会は前日の第3ラウンドが停電による電気設備不能のため中止となり、54ホール短縮競技となっている。

 メジャータイトルを手にしたのは中山正芳。2打差2位タイからスタートしたこの日「69」をマークし、通算9アンダーで並んだ清水洋一とのプレーオフを制した。

 通算6アンダー単独3位に岡茂洋雄が続き、通算5アンダー4位タイに比嘉勉、深堀圭一郎、桑原克典、溝口英二、鈴木亨が入った。

 シニアツアールーキーの藤田寛之は伊澤利光、篠崎紀夫らと通算1アンダー14位タイ、シニアメジャー2勝目を狙った谷口徹は室田淳、手嶋多一などと並ぶ通算1オーバー26位タイでフィニッシュした。
 
(写真:PGA)

関連番組

2020 日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ
10月8日(木)~10月11日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。