ニュース・コラム

PGAツアー

松山英樹「上位でプレーできたことは凄く収穫」 上り調子でマスターズへ

2020年11月9日(月)午前9:25

2020-21 ビビント ヒューストンオープン
 8日、米男子ツアーのビビント ヒューストンオープン(米テキサス州/メモリアルパークゴルフコース)は最終ラウンドが終了。松山英樹は7バーディ、ノーボギーの「63」を叩き出し、優勝したカルロス・オルティス(メキシコ)に2打差の通算11アンダー2位タイでフィニッシュした。

―最終日のラウンドを振り返って

 前半からショットは良かったので、チャンスに付けれました。ただ、悪いストロークはしていないですが(パットが)入らなかったというところで、(優勝には)足りなかったのかなという感じですね。

―前日課題に挙げていたアイアンの距離感は?

 昨日の後半にちょっと気付いたことがあったので、終わったあとの練習でもうまくできました。今日もスタートから良い距離感が出ていたので、「もう大丈夫かな」と少し安心してプレーができました。

―ティーショットは凄く良さそうに見えます

 そうですね。ミスの幅が凄く狭まったので、フェアウェイをずっと捉えれたのが良かったと思います。

―4日間を振り返って

 ZOZOチャンピオンシップの時に気付いたことで、試合に出ないと分からないところがあったので、今週出てまた新たな発見もありましたし、上位でプレーできたことは凄く収穫かなと思います。

―次週のマスターズトーナメントに向けて

 ゴルフの内容が落ち着いてできそうな雰囲気があるので、そこは凄く救いだなと思います。このプレーを続ければチャンスは凄くあると思いますので、頑張りたいなと思います。
 

最終ラウンド ホールバイホール

関連番組

2020-21 ビビント ヒューストンオープン
11月5日(木)~11月8日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。