ニュース・コラム

PGAツアー

D.ジョンソンが5打差圧勝でマスターズ初V 松山英樹は13位

2020年11月16日(月)午前8:12

2020 マスターズトーナメント
 海外男子メジャーのマスターズトーナメントは15日、米ジョージア州のオーガスタ・ナショナルゴルフクラブ(7,475ヤード・パー72)で最終ラウンドが行われ、世界ランク1位のダスティン・ジョンソン(米)が後続に5打差をつける圧勝劇で大会初優勝を飾った。

 単独首位から出たジョンソンは、13番から3連続バーディを奪うなど6バーディ、2ボギーの「68」をマーク。1997年にタイガー・ウッズ(米)、2015年にジョーダン・スピース(米)が記録した通算18アンダー「270」の大会レコードを2打更新する通算20アンダー「268」で、2016年全米オープンゴルフ選手権以来のメジャー2勝目(ツアー通算24勝目)を手にした。

 通算15アンダー2位タイにキャメロン・スミス(豪)、イム・ソンジェ(韓)、通算12アンダー単独4位にジャスティン・トーマス(米)、通算11アンダー5位タイにローリー・マキロイ(北アイルランド)らが入った。

 松山英樹は4バーディ、2ボギー、1ダブルボギーの「72」とし、通算8アンダー13位タイフィニッシュ。今平周吾は通算イーブンパー44位タイで4日間の競技を終えた。

 ブルックス・ケプカ(米)、ジョン・ラーム(スペイン)は通算10アンダー7位タイ、63歳のベルンハルト・ランガー(独)は通算3アンダー29位タイ、前回大会覇者のウッズは通算1アンダー38位タイとなった。

(写真:Getty Images)

関連番組

2020 マスターズトーナメント
11月12日(木)~11月15日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。