ニュース・コラム

PGAツアー

ウッズ、名物12番パー3で3度の池ポチャ 1ホール自己ワースト「10」を記録

2020年11月16日(月)午前10:19

2020 マスターズトーナメント
この記事のキーワード
 15日、海外男子メジャーのマスターズトーナメント(米ジョージア州/オーガスタ・ナショナルゴルフクラブ)最終日が行われ、タイガー・ウッズ(米)は12番パー3で池に3度入れるなど「10」を叩き、1ホールの自己ワーストを記録した。

 オーガスタで最も短いパー3で、ゴールデンベル(レンギョウ)と呼ばれる名物ホール。ウッズはティーショットをグリーン手前の池に落とすと、手前にドロップした3打目もバックスピンのかかりすぎで再び池に入れてしまう。

 そして5打目を奥のバンカーに入れ、十分なスタンスが取れずに左膝を曲げて打った6打目はグリーンをオーバーして3度目の池ポチャ。8打目もグリーンに乗せられず、結局9オン1パットの「10」でこのホールを終えた。

 過去22回のマスターズ出場で「8」を2度叩いたことはあったが、今回それを“更新”してしまったウッズ。それでも直後の13番でバウンスバックとなるバーディを決め、15番からは上がり4ホール連続バーディと最後まで集中力を切らさず、通算1アンダー(38位タイ)までスコアを戻して意地を見せた。

 ちなみに同ホールのワーストスコアは1980年にトム・ワイスコフ氏が記録した「13」である。

(写真:Getty Images)

関連番組

2020 マスターズトーナメント
11月12日(木)~11月15日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。