ニュース・コラム

国内男子

ツアー初優勝の香妻陣一朗「上がり3ホールは本当に良いプレーができた」

2020年11月16日(月)午後1:43

2020 三井住友VISA太平洋マスターズ
 国内男子ツアー「三井住友VISA太平洋マスターズ」でツアー初優勝を挙げた香妻陣一朗がリモート記者会見に登場。今の心境などを語った。

―最終日のプレーを振り返って

 出だしの4ホールでバーディが3つ来ましたが、狙っていないというか何も考えずに来て、ちょっと(スコアを)伸ばすのが早かったかなと思います。

 そこからちょっとシビれちゃって、6番、7番で3つ落としましたが、8番で長いパットが入ってくれてそこで気持ちが楽になりました。

 そこからはずっと耐えるゴルフが続いていて、15番のボギーはバーディホールだと思って迎えたホールだったので、外してはいけない方に外してボギーを打ってショックでしたね。

 18番はイーグルを獲るしかないと思って打ったショットだったので、あんなに(ピンに)近いとは思っていなかったですけど、タップインできるぐらいだったので凄く嬉しかったです。

―鍵になったホールは?

 上がり3ホールはやはり16番でそんなに簡単ではないアプローチが寄りましたし、17番も結構難しいなと思っていましたがパーが取れました。18番もプレッシャーのないパットだったので、上がり3ホールは本当に良いプレーができたのかなと思いますね。

―緊張感が良いプレーにつながった?

 良い緊張感が何かは分からないですけど、凄く緊張しているっていうほどでもなかったような気がします。

 良いショットは打たなければと思っていましたけど、上と1打開いていたのが見えていましたので、良いショットを打ってバーディが来ないと追いつけないなと思っていました。その辺りは良い感じのプレッシャーだったのかなと思います。

―今大会のパーキープ率が1位でした

 元々、アプローチとパターでスコアを作るゴルフだと自分でも思っています。そこが上手く行って、良いパーパットを入れることができたことが一番の要因だと思います。

―逆にフェアウェイキープ率はあまり良くなかったです

 そこも僕のプレーの一つだと思っているので、そんなにこだわっているところではなく、全然問題ありませんでした。

―(次戦の)ダンロップフェニックストーナメントに向けて

 また良いプレーが出来ればと思っています。来週からもまた優勝を目指して行ければなと思います。

関連番組

2020 三井住友VISA太平洋マスターズ
11月12日(木)~11月15日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。