ニュース・コラム

海外女子

キム・セイヨンが5打差独走 畑岡奈紗は40位タイで最終日へ

2020年11月22日(日)午前10:40

 米女子ツアーのペリカン女子選手権は21日、米フロリダ州のペリカンGC(6,268ヤード・パー70)で第3ラウンドが終了。単独首位から出た世界ランキング2位のキム・セイヨン(韓)が「64」で回り、後続に5打差の通算14アンダー単独首位と独走態勢に入った。

 畑岡奈紗は3バーディ、5ボギーの「72」と苦戦し、通算4オーバー。前日の37位タイから40位タイに順位を落としている。

 通算9アンダー単独2位に今季1勝のアリー・マクドナルド(米)、通算8アンダー単独3位にステファニー・メドウ(北アイルランド)がつけ、通算7アンダー単独4位にリディア・コ(ニュージーランド)が続く。

 ブルック・ヘンダーソン(カナダ)、イ・ミンジ(豪)は通算6アンダー5位タイ、世界ランク1位のコ・ジヨン(韓)は通算2オーバー28位タイ、レクシー・トンプソン(米)は通算3オーバー33位タイで最終日を迎える。

関連番組

2020 ペリカン女子チャンピオンシップ ※日程変更
11月19日(木)~11月22日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。