ニュース・コラム

国内女子

原英莉花が完全Vでメジャー2勝目! 古江彩佳は単独2位、渋野日向子は3位タイ

2020年11月29日(日)午後4:36

2020 LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ
 国内女子ツアーの2020年最終戦、LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップは29日、宮崎県の宮崎カントリークラブ(6,543ヤード・パー72)で最終ラウンドが終了。原英莉花が初日から首位を守り切る完全優勝を達成した。

 原は2番でボギーが先行するも、6番、10番、13番でバーディ。その後14番、18番でボギーを叩いて最終日は「72」にとどまったが、通算10アンダーで逃げ切り。10月の日本女子オープンゴルフ選手権に続くメジャー2勝目、ツアー通算3勝目を飾った。

 史上3人目の3週連続優勝を目指した古江彩佳が通算8アンダー単独2位。6打差10位タイからスタートしたこの日、1イーグル、4バーディ、2ボギーの「68」を記録してリーダーボードを駆け上がった。

 通算6アンダー3位タイに渋野日向子、西村優菜、上田桃子、通算4アンダー6位タイに笹生優花、三ヶ島かな、蛭田みな美、比嘉真美子が続き、通算2アンダー10位タイに鈴木愛、渡邉彩香、ペ・ソンウ(韓)らが入った。

 稲見萌寧は通算イーブンパー単独15位、小祝さくら、申ジエ(韓)は通算2オーバー17位タイ、河本結は通算4オーバー20位タイ、有村智恵は通算5オーバー23位タイでフィニッシュ。今季メジャー1勝の永峰咲希は通算9オーバー30位タイで4日間を終えた。

(写真:Getty Images)

関連番組

2020 LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ
11月26日(木)~11月29日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。