ニュース・コラム

海外女子

小祝さくら「このコースでアンダーパーを出せたら自信になる」 ショットに復調気配で大舞台へ

2020年12月9日(水)午後2:52

2020 全米女子オープンゴルフ選手権
 全米女子オープンゴルフ選手権が10日、米テキサス州のチャンピオンゴルフクラブで開幕する。小祝さくらが年内最後の大舞台を前にした心境を語った。

―体調は?

 万全です。(時差ボケも)意外と大丈夫でした。

―全米女子オープンのイメージは?

 初めてのヒューストンなので、凄く楽しみでした。実際に来てみて、日本語が通じなくて大変ですね(笑)。ホテルの掃除も回数が日本と全然違ったり、いろいろシステムが違うので、そういったところが凄く大変です。

―コースを回った印象は?

 このコースで風が吹いたら凄く難易度が上がるだろうなと。狭かったり、ラフに行ったら木にかかってしまうようなホールもたくさんあります。グリーンも傾斜が強くて、池もあって、神経を使うようなコースですけど、このコースでしっかりアンダーパーを出せたら自信になると思います。

―寒暖差の対策について

 今のところ、厚着した日は暑くて、薄着の日が寒いという感じで、結構服装が難しいなという感じですね。

―予選ラウンドは2コースを使用します

 1度ずつ回りましたけど、記憶に残すのが凄く難しくて、全然コースが覚えられないです。コースチェックはしましたけど、メモに書いていて、記憶はゴチャゴチャです。

―ドライバーとショットの調子は?

 ドライバーは今日は良くなりましたけど、昨日までは悪くて、明日からもっと精度を上げられたら良いなと思います。ショットも同じで、結構荒れていましたけど、今日は良い感じになってきました。

―ラフが難しいというイメージがあります

 ティフトン(芝)が入っていますけど、何ホールか沈むだけで、あとは大丈夫でしたね。

―4日間を戦う上での戦略、目標は

 まずは毎日アンダーパーでプレーできたら嬉しいなと思うので、そこを目標にやっていきたいです。まず予選を通って、優勝争いができるように頑張っていきたいです。

関連番組

2020 全米女子オープンゴルフ選手権
12月10日(木)~12月13日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。