ニュース・コラム

海外女子

渋野日向子が1打差2位! 笹生優花と畑岡奈紗も好スタート 原英莉花は出遅れ

2020年12月11日(金)午前10:30

2020 全米女子オープンゴルフ選手権
 海外女子メジャーの全米女子オープンゴルフ選手権は10日、米テキサス州のチャンピオンゴルフクラブを舞台に開幕。予選はサイプレスクリークコース(6,731ヤード・パー71/CC)とジャックラビットコース(6,552ヤード・パー71/JR)の2コースを使用し、決勝はサイプレスクリークコースで行われる。

 日本勢は19名が出場。4バーディ、1ボギーの「68」をマークした渋野日向子(CC)がトップと1打差の3アンダー2位タイ。4バーディ、2ボギーの「69」でプレーした笹生優花(CC)が2アンダー5位タイと好発進を切った。また、畑岡奈紗(JR)も1バーディ、1ボギーの「71」でイーブンパー24位タイとまずまずのスタートを決めた。

 このほか、西村優菜(JR)、稲見萌寧(JR)、河本結(JR)、高橋彩華(JR)、比嘉真美子(CC)は2オーバー55位タイ、上田桃子(JR)、勝みなみ(CC)は3オーバー75位タイ、三ヶ島かな(CC)は4オーバー89位タイ、古江彩佳(CC)、浅井咲希(JR)、岡山絵里(JR)は5オーバー108位タイで初日を終えている。

 小祝さくら(JR)、渡邉彩香(CC)は6オーバー124位タイ、穴井詩(CC)は7オーバー137位タイ、柏原明日架(JR)は8オーバー145位タイで2日目へ。原英莉花(JR)は1バーディ、6ボギー、2ダブルボギー、1トリプルボギーの「83」と苦戦し、12オーバー154位タイと大きく出遅れた。

(写真:Getty Images)

関連番組

2020 全米女子オープンゴルフ選手権
12月10日(木)~12月13日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。