ニュース・コラム

PGAツアー

J.トーマス、連覇を目指す2021年初戦は「僕にとって良いコース」

2020年12月30日(水)午前11:18

2020-21 セントリートーナメント オブ チャンピオンズ
 ジャスティン・トーマス(米)が、連覇をかけて参戦する米男子ツアーの2021年初戦、セントリートーナメント オブ チャンピオンズ(2021年1月7~10日)について語った。

 舞台となるプランテーションコース at カパルアリゾート(米ハワイ州)とは相性抜群のトーマス。2016年から5大会連続でプレーし、優勝2回、単独3位を1回記録している。

「僕にとって良いコースだと思う。それほど長くなくて、パー5がたくさんあるから、僕の得意としている短いクラブで有利に進めることができる」とパー73で設定されているコースについてコメント。また、「常に凄く凄く強力なフィールドで、多くの選手が良い週を過ごす準備ができている」と3度目の優勝を狙う。

 大会にはトーマスのほか、全米プロゴルフ選手権王者のコリン・モリカワ(米)、全米オープンゴルフ選手権覇者のブライソン・デシャンボー(米)、世界ランク2位のジョン・ラーム(スペイン)らが出場する予定となっている。

 なお、今回に限り2020年のツアーチャンピオンシップに出場した選手もエントリーできることになっている。通常であれば2020年に優勝した選手しか出れないが、新型コロナウイルスの影響で特別ルールが適用された。

(写真:Getty Images)

関連番組

2020-21 セントリートーナメント オブ チャンピオンズ
1月7日(木)~1月10日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。