ニュース・コラム

PGAツアー

J.トーマス、プレー中の不適切な発言を謝罪「言い訳のしようがない」

2021年1月10日(日)午後5:06

2020-21 セントリートーナメント オブ チャンピオンズ
 世界ランキング3位のジャスティン・トーマス(米)が9日、連覇を目指す米男子ツアー「セントリートーナメント オブ チャンピオンズ」(米ハワイ州/プランテーションコース at カパルアリゾート)のプレー中に不適切な言葉を使用し、謝罪した。

 トーマスは第3ラウンドが行われたこの日、4番パー4で2メートル弱のパーパットをミス。直後に同性愛者を中傷する言葉を吐き、その音声がテレビ中継で流れてしまった。

「言い訳のしようがない。私の言葉で不快な思いをした方全員に深く謝罪したい。私はこのような人間ではない。だが、今回このようなことをしてしまった。それは認めなければいけない。本当に申し訳ない」。怒りに任せて思わず発してしまった一言に反省しきりの様子だった。

 トーマスは3日目を1イーグル、6バーディ、1ボギー、1ダブルボギーの「68」で回り、トップに4打差の通算17アンダー5位タイで最終日を迎える。

(写真:Getty Images)

関連番組

2020-21 セントリートーナメント オブ チャンピオンズ
1月7日(木)~1月10日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。