ニュース・コラム

PGAツアー

松山英樹「パターがやっと芯に当たったことは来週に繋がる」 次戦はソニーオープン イン ハワイ

2021年1月11日(月)午後1:25

2020-21 セントリートーナメント オブ チャンピオンズ
 米男子ツアーの2021年初戦、セントリートーナメント オブ チャンピオンズは10日、米ハワイ州のプランテーションコース at カパルアリゾート(7,596ヤード・パー73)で最終ラウンドが行われ、松山英樹は1イーグル、6バーディ、3ボギーの「68」で回り、通算4アンダー41位タイで4日間を終えた。

―今日のラウンドを振り返って

 スコアは普通でした。

―内容的には?

 内容的には昨日までと変わっていないです。パッティングが芯に当たった感じで、そこで何ホールか入ってくれたので、そこは救いかなと思います。

―5番のイーグルについて

 あのようなパットが一回も入っていなかったので嬉しかったです。

―ショットの満足度は?

 今日はあまり良くなかったです。最後のティーショットが4日間で一番良い球を打てましたが、これで良かったのかって感じで、コースが広かったのでトラブルも少なかったですが、少し考えなければいけない感じです。

―4日間を振り返って

 全くもって良いところが無かったですが、最終ラウンドでパターがやっと芯に当たったことは来週に繋がるかと思います。

―来週に向けての意気込みを

 今の状態だと予選落ちが濃厚なので、しっかりと準備をして優勝争いができるところまで持っていきたいと思います。
 

最終ラウンド ホールバイホール

関連番組

2020-21 セントリートーナメント オブ チャンピオンズ
1月7日(木)~1月10日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。