ニュース・コラム

国内女子

成田美寿々、葭葉ルミらが本間ゴルフの新契約プロに

2021年1月13日(水)午前11:00

 本間ゴルフは12日、新たに成田美寿々、葭葉ルミ、金澤志奈、吉川桃、蛭田みな美、林菜乃子が「TEAM HONMA」に加わったことを発表。この日、オンライン上で新契約プロ発表会が行われ、既に同社と用具契約を結んでいる後藤未有も参加した。
 
最新ドライバーを成田と葭葉が試打


 発表会中に成田と葭葉が今月末に発売する最新ドライバーを試打し、ともに260ヤードを超えるショットを披露。打感にうるさいという成田だが「打感が良く、気持ちよく打てました。驚いています」。

 葭葉は緊張し少しダフってしまったが「ミスをしても飛んでくれるクラブだと思います。ヘッドは大きすぎず小さすぎず、ヘッドスピードが出そうなヘッドだったので感動しました」と話した。
 
最新ギアは「WOW!」とかつてない驚きを提供


 本間ゴルフの新たなブランドコンセプトは「WOW!」とかつてない驚きを提供すること。「T//WORLD(ツアーワールド)GS」シリーズは+10ヤード、「D1 SPEEDMONSTER(スピードモンスター)」ボールは+5ヤードを超える飛距離アップが望める最新ギアである。

「T//WORLD GS」シリーズは、「GAIN SPEED TECHNOLOGY(さらなるスピードの獲得)」がコンセプト。開発アプローチ・クラブスペック・構造・テクノロジー・素材・シャフト・製造工程のすべてを見直し、あらゆるスイングのスピードをアップさせる要素を徹底的に研究することで、最大限の飛距離性能を実現している。

 特にドライバーは、クランクスリット、ラジアルフェース、キールデザイン、ノン・ローテーティング・システム、専用シャフト「SPEEDTUNED(スピードチューン)」を採用。飛距離性能を上げつつ、やさしさを追求したモデルになっている。



 また、「D1 SPEEDMONSTER」は、飛距離性能が抜群と話題の「HONMA D1(2020)」を超える飛びと、グリーン周りでのスピン性能向上をコンセプトに開発された。飛距離性能は、まさに「モンスター級」で「HONMA D1(2020)」との比較で+5ヤードとなっているようだ。

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。