ニュース・コラム

ギア

「力がフレームに全集中!」河本結、田中瑞希、西村優菜がキャロウェイゴルフ新製品発表会に登場

2021年1月22日(金)午後1:37

この記事のキーワード
 女子プロゴルフの河本結、田中瑞希、西村優菜が20日、用具契約するキャロウェイゴルフの新製品発表会に出席した。緊急事態宣言下のためオンライン上で行われ、2月19日発売予定の最新「EPICドライバー」シリーズなどをPRした。

 今回のドライバーは新たに「JAILBREAK AI スピードフレーム テクノロジー」を搭載。インパクトの力が従来よりもフェースに集中し、ボール初速もかつてないレベルとなった。



 すでに試打したという河本は「力がフレームに“全集中”している。初速の速さとボールの落ち際の伸びが全然違った」と、大人気漫画「鬼滅の刃」の名せりふを用いて新製品をアピール。田中も「打感もすごく良くて、フェースに乗っている感じが手に伝わってきて、すごく飛んでいることが実感できるわくわくする感じだった」と絶賛した。

 大満足の新ドライバーを「早く試合で使いたい」という河本は「このドライバーに力を借りながら米国ツアーでも日本ツアーでも優勝できるように頑張りたい」と今年の意気込みを語り、昨年10月の「樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント」で初優勝を飾った西村も「今年は複数回優勝を目指して頑張っていきたい」と目標を掲げた。

 イベントでは「EPICドライバー」シリーズのほか、「EPICフェアウェイウッド」シリーズ(2月19日発売予定)、「APEXユーティリティ」シリーズ(同26日)なども合わせて発表。男子ゴルフの石川遼が行ったテスト映像も披露され、前作の「EPIC FLASHフェアウェイウッド」(#3)と比較して、今回の「EPIC SPEEDフェアウェイウッド」(#3)の方が、飛距離が平均で13.2㍎も伸び、驚いた様子だった。
 

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。