ニュース・コラム

PGAツアー

スピースが単独首位に浮上 小平智、ミケルソンは予選落ち

2021年2月13日(土)午前11:30

2020-21 AT&Tペブルビーチプロアマ
 米男子ツアーのAT&Tペブルビーチプロアマは12日、ペブルビーチゴルフリンクス(7,051ヤード・パー72)、スパイグラス・ヒルゴルフコース(7,041ヤード・パー72)で第2ラウンドが行われた。

 3打差4位タイから出たジョーダン・スピース(米)がスパイグラス・ヒルGCで6バーディ、1ボギーの「67」を記録し、通算12アンダー単独首位に浮上した。

 通算11アンダー単独2位にダニエル・バーガー(米)、通算10アンダー単独3位にヘンリク・ノーランダー(スウェーデン)、通算9アンダー4位タイにパトリック・キャントレー(米)、ポール・ケーシー(英)、トム・ルイス(米)が続く。

 小平智はペブルビーチGLで4バーディ、2ボギーの「70」とスコアを伸ばすも、カットラインに1打及ばず、通算イーブンパー68位タイで決勝ラウンド進出を逃した。

 ジェイソン・デイ(豪)は通算6アンダー単独14位、フランチェスコ・モリナーリ(伊)は通算5アンダー15位タイで決勝ラウンドへ。

 一方、リッキー・ファウラー(米)は通算3オーバー113位タイ、大会5勝のフィル・ミケルソン(米)は通算10オーバー単独151位で予選落ちとなった。

(写真:Getty Images)

関連番組

2020-21 AT&Tペブルビーチプロアマ
2月11日(木)~2月14日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。