ニュース・コラム

PGAツアー

アダム・スコット、池からナイスパーセーブ 「簡単なことでしょ?」

2021年3月19日(金)午後3:14

2020-21 ザ・ホンダクラシック
 米男子ツアーのザ・ホンダクラシックは18日、米フロリダ州のPGAナショナル(7,125ヤード・パー70)で第1ラウンドが行われ、2016年大会覇者のアダム・スコット(豪)は1アンダー27位タイとなった。

 PGAナショナルは池が多く絡むため、ボールを池に落とす選手も多いが、打てる状況であれば池の中から打つ選手も多い。スコットもその一人で、11番パー4のセカンドショットがグリーンに届かず、池に入った。しかし、幸いにもウォーターショットが出来る状況であった。

「3打目地点に行ったら打てると思ったが、ケーブルが邪魔だったのでオフィシャルに確認した。動かして問題ないと言われたからケーブルを動かして、靴と靴下を脱いで、ズボンの裾をめくった。濡れない様にレインジャケットを着て、ウェッジでバンカーショットの様に打ったら約4メートルについたんだ。簡単なことでしょ?」

 見事なウォーターショットを披露したスコットはこのホールをパーでしのいだ。普段からウォーターショットを練習しているとは思えないが、超一流からすれば感覚で出来てしまうのだろう。

 そして何よりレインジャケットをバッグの中に入れていた事が良かった。この日、ウォーターショットを試みた選手の何人かは泥が付かない様に上半身裸で打っていた。シャツにはスポンサーロゴがプリントされている為、まさに泥が付かない様にという配慮なのかは分からないが、PGAナショナルではレインジャケットが必須アイテムと言えそうだ。ただ、ワニには注意しながらプレーして欲しい…。

(写真:Getty Images)

関連番組

2020-21 ザ・ホンダクラシック
3月18日(木)~3月21日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。