ニュース・コラム

海外女子

笹生優花が2打差6位発進! 畑岡奈紗26位、渋野日向子41位

2021年6月4日(金)午後1:30

2021 全米女子オープンゴルフ選手権
 海外女子メジャーの全米女子オープンゴルフ選手権は3日、米カリフォルニア州のザ・オリンピッククラブ レイクコース(6,546ヤード・パー71)で開幕。笹生優花が4バーディ、2ボギーの「69」をマークし、日本勢最上位の2アンダー6位タイ発進を切った。

 畑岡奈紗は1イーグル、2バーディ、5ボギーの「72」で回り、1オーバー26位タイとまずまずのスタート。渋野日向子は4バーディ、6ボギー、川満陽香理は3バーディ、3ボギー、1ダブルボギーの「73」でプレーし、2オーバー41位タイで初日を終えている。

 このほか、勝みなみ、上原彩子、三宅百佳、仲西菜摘は5オーバー84位タイで2日目へ。梶谷翼は6オーバー110位タイ、小暮千広は8オーバー130位タイ、長野未祈は9オーバー139位タイとアマチュア3人は出遅れた。

 上位はメリッサ・リード(英)、アマチュアのミーガン・ガンヌ(米)が4アンダー首位タイ。3アンダー3位タイにブルック・ヘンダーソン(カナダ)らが続き、笹生と同じ2アンダー6位タイにレクシー・トンプソン(米)、フォン・シャンシャン(中)がつけている。

 世界ランキング1位のコ・ジヨン(韓)は1アンダー9位タイ、インビー・パーク(韓)、リディア・コ(ニュージーランド)はイーブンパー16位タイ。ネリー・コルダ(米)は7オーバー119位タイ、連覇を狙うキム・イェリム(韓)は8オーバー130位タイとなった。

(写真:Getty Images)

関連番組

2021 全米女子オープンゴルフ選手権
6月3日(木)~6月6日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。