ニュース・コラム

海外女子

渋野日向子「ショットの感触は良かった」 2日目は「我慢のゴルフをしながら獲れるところで獲りたい」

2021年6月4日(金)午後3:01

2021 全米女子オープンゴルフ選手権
 海外女子メジャー、全米女子オープンゴルフ選手権(3日/米カリフォルニア州/ザ・オリンピッククラブ レイクコース)が開幕。渋野日向子は4バーディ、6ボギーの「73」でラウンドし、2オーバー41位タイで2日目を迎える。

―難しい最終ホールをバーディで締めくくった

 一安心です。とりあえず良かったです。

―ラウンドを振り返って

 出だしから情けないボギー発進だったので「今日もダメだろうな」と思いながら回っていました。そのあとはバーディ、ボギーの繰り返しで、ラフに入れてしまうボギーは仕方ないですが、ラフに入れていないボギーが多かったので、それは凄い悔しかったです。

―ショットでチャンスを作っていた

 ショットの感触は本当に良かったので、入って欲しいのが入ってくれたバーディも獲れました。後半は決め切れなくてなかなかバーディも来なかったですし、パーオンしなかったところでボギーを打ってしまう流れの悪い感じでしたが、最後に断ち切ることができたので良かったです。

―パーセーブした15番のパットは見事だった

 2連続ボギーだったので、あそこで止めたかった中でパットが入ってくれたのでめちゃくちゃ嬉しかったです。

―少しのことで状況が一変する難しいコース

 本当に全てのホールに傾斜があるので、それを理解していてもかなりピンポイントで打たないとどうしてもラフに行ってしまうので、そのあとの「どうにかパーを拾う」ことがなかなかできなかったです。ダボを打つことはなかったので良かったですが、ティーショットに関しては凄く難しく感じました。

―それでもたくさんのバーディチャンスを作った

 今日は狭い中でもチャンスにつけるホールがあったので、そこは凄く自信を持って良いと思います。フェアウェイから外してしまうホールも何回かあったので明日はしっかり修正して、パー5ではバーディを獲りたいなと思いました。

―2日目に向けて

 12時間後にはゴルフ場にいる感じなので、寝ながらゴルフしている感覚だと思いますが、最終ホールでバーディが獲れたので良い流れで明日スタートできます。我慢のゴルフをしながら獲れるところで獲りたいなと思います。
 

初日ホールバイホール

関連番組

2021 全米女子オープンゴルフ選手権
6月3日(木)~6月6日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。