ニュース・コラム

海外女子

19歳・笹生優花が全米女子OP史上最年少V 畑岡奈紗をプレーオフで下す

2021年6月7日(月)午前9:13

2021 全米女子オープンゴルフ選手権
 海外女子メジャーの全米女子オープンゴルフ選手権は6日、米カリフォルニア州のザ・オリンピッククラブ レイクコース(6,546ヤード・パー71)で最終ラウンドが行われ、笹生優花が制した。

 6打差の6位タイから出た畑岡は6バーディ、1ボギー、1ダブルボギーの「68」で回り、通算4アンダー首位タイで先にホールアウト。1打差の単独2位からスタートした笹生は3バーディ、1ボギー、2ダブルボギーの「73」と落としたが通算4アンダーで畑岡と並びプレーオフへ突入。

 プレーオフは2ホールのストロークプレーで行われたが、1ホール目(9番パー4)、2ホール目(18番パー4)と互いにパーと合計スコアで決着がつかずサドンデスへ。3ホール目(9番)でバーディを奪った笹生が大会史上最年少(19歳351日)優勝を飾った。

 日本勢の海外女子メジャー優勝は1977年の全米女子プロゴルフ選手権を制した樋口久子、2019年のAIG全英女子オープンで優勝した渋野日向子に続き3人目。また、笹生はフィリピン国籍も持っており、フィリピン勢として初めての海外女子メジャーチャンピオンとなった。

 通算3アンダー単独3位にレクシー・トンプソン(米)、通算2アンダー4位タイにミーガン・カーン(米)、フォン・シャンシャン(中)、通算イーブンパー単独6位にエンジェル・イン(米)が入り、上原彩子は通算11オーバー41位タイで大会を終えた。

(写真 : Getty Images)

関連番組

2021 全米女子オープンゴルフ選手権
6月3日(木)~6月6日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。