ニュース・コラム

海外女子

畑岡奈紗、プレーオフの惜敗も「最後まで諦めずにやった結果がプレーオフまで行けた」

2021年6月7日(月)午後2:20

2021 全米女子オープンゴルフ選手権
 海外女子メジャーの全米女子オープンゴルフ選手権は6日、米カリフォルニア州のザ・オリンピッククラブ レイクコース(6,546ヤード・パー71)で最終ラウンドが行われ、畑岡奈紗は笹生優花にプレーオフで敗れ単独2位で大会を終えた。

―1日を振り返って

 スタートから狙い通りバーディを獲ることができました。最後に負けてしまったのは本当に悔しいですが、最後まで諦めずにやった結果がプレーオフまで行けたのかなと思います。

―プレーオフの感想は

 最初の2ホールは自分の思う様に体が動かず(それまで)右のミスが多かったので、逆のミスが出たというのは想定外だったのですが、でもそこから上手くパーを拾えたのは大きかったと思います。

―4日間を振り返って

 調子が上がってきていて、今週は本当に優勝を狙いたいなと思い、勝ちたい気持ちが強くて挑めた大会だったので、負けてしまったのは悔しいですが必ず糧にしたいです。

関連番組

2021 全米女子オープンゴルフ選手権
6月3日(木)~6月6日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。